JBRCのご紹介 電池のいろいろ 会員企業ご紹介 FAQ
FAQ
リサイクル実績
小形充電式電池の種類と用途

私たちの周りのあらゆるところで使われている
「小形充電式電池」。
私たちの身の周りでは、あらゆるところで小形充電式電池が使われています。その種類も、乾電池に似たものから1個以上の電池をプラスチックに入れた電池パックなど、形もいろいろです。主な材料として、いろんな金属資源が使われ、なかでもニッケル (Ni) やカドミウム (Cd)、コバルト (Co) など、希少な金属が使われています。リサイクルすれば、資源の再利用が図れます。


■小形充電式電池の種類と特徴
小形
充電式
電池
+ 極 − 極 性 能 用 途 再利用
できる
金属
ニカド電池
ニカド
電池
ニッケル カドミウム 強力なエネルギーと充電・放電を繰り返して使える経済的な電池 用途 ニッケル

カドミウム
ニッケル水素電池
ニッケル
水素電池
ニッケル 水素吸蔵
合金
ニカド電池より高容量で繰り返して使える 用途 ニッケル
リチウムイオン電池
リチウム
イオン電池
コバルト酸
リチウム
炭素材 軽量で、3.6〜3.7Vの高電圧が出せるのが特徴 用途 コバルト

アルミ
※上記の他にPb(小形シール鉛蓄電池)があります。

小形充電式電池はあらゆるところで使われています
小形充電式電池はあらゆるところで使われています
※上記の他にPb(小形シール鉛蓄電池)があります。
▲ページのトップへ